制作・見積り依頼(無料)

Blogブログ

ブログのイメージ

コミュニケーションのあれこれ

Direction2022.04.25 : Suga Yuki

「自分の話を理解してもらえない」

職場やお客さまとの会話の中で、このように思ったことってありませんか?
自分ではちゃんと話をしているのに相手の人にわかってもらえない、理解してもらえない、思うように仕事が進まないなど、大なり小なり悩んだことがある人も多いのではないでしょうか。

ただ、その話、そもそも前提ってどうなってますか?
このような問いかけに対して、自分はちゃんと前提を揃えたうえで話をしている、という方は案外少ないのではないでしょうか。

今回はビジネスパーソンの誰しもが悩むコミュニケーションに焦点をあてて、お話をしようと思いますので少しの間お付き合いください。

相手の理解度に合わせる

冒頭のように「自分の話を理解してもらえない」という現象は何故起きてしまうのでしょうか。

原因の一つとして、相手の理解度に合わせて話をしていないことが考えられます。
つまり、相手のことを考えずに一方的に自分の話をしてしまっているパターンです。

例えば、インターネットビジネスに関する話をする場合、インターネットの仕組みを知っている人と知らない人では当然ながら情報格差があるわけで、仕組みを知っている人がインターネットビジネスの話を一生懸命しても、仕組みを知らない人からすればまずインターネットの仕組みを教えてくれとなるわけですね。

専門用語ばかりを使って説明された時なんかは、そもそもインターネットの仕組みがわからない人にとっては苦痛であり、話がまったく頭に入ってきません。
話し手は自分の知識は当たり前のことと思っているため、前提を確認することもなくついつい一方的に話をしてしまうことがあります。

心当たりがある方も多いのではないでしょうか?

話の相手がどの程度モノゴトを理解しているのかによって使う言葉だったり、話の仕方が変わってくるはずなのに、誰に対しても同じような言葉使いや説明では、理解してもらえる話も理解されなくなってしまいます。

マンガの内容をこどもに説明する時と大人に説明する時とでは言い方や表現を変えたりしますよね?
まぁ、そういうことです。

世の中にはコミュニケーションを取るのが上手な人たちがいますが、そういった方たちは少なからず相手の理解度に合わせて話をすることが多いように思います。

自分が知っていることは相手も知っているだろうではなく、知らないかもしれないから教えてあげようとか、例えを使ってわかりやすく説明しようとか、相手との前提を揃えることを意識しているのではないかなと思ったりしています。
もちろん他にもいろいろ意識していることはあると思いますが、わたしが出会ってきた人たちの中でコミュニケーションスキルが高い人は、相手の理解度に合わせて話をする方が多かったです。

もし、みなさんが職場やお客さまとの会話でイライラしたりモヤモヤしているようであれば、イライラやモヤモヤの解消のためにも、相手の理解度に合わせて話をすることを心がけてみてください。
今よりもスムーズにコミュニケーションが取れるようになるかもしれません。

わたしもお客さまとやり取りをすることがあるため、日ごろから意識したいと思います。

お仕事のご依頼やご相談は下記より
お気軽にお問い合わせください

Tel.089-961-4166(平日 9:00〜18:00/土日祝休業)